晴れアフラックの簡単見積もり
資料請求はこちらから

上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)

上皮内腫瘍とも呼ばれ初期の状態のがんのことを言います。
基本的に浸潤はなく、切除やレーザー治療などで、完治すると言われています。

条件付契約(じょうけんつきけいやく)

健康状態に関連する特定の病気や特定の部位の疾患、特定の高度障害状態を、保険金や給付金の支払いの対象外とする契約。
タグ:条件付契約

歯科医療特約(しかいりょうとくやく)

公的医療保険制度では対象外となってしまうような歯科治療を受けたときに給付金が支払われる特約のこと。

財形制度(ざいけいせいど)

国による税制上の優遇措置、企業による給与天引きなどによってサラリーマンの財産形成を支援する制度。
タグ:財形制度

重粒子線治療(じゅうりゅうしせんちりょう)

線量の集中性が高い、あるいは細胞致死効果の高い重粒子線を使ってがん病巣を集中的に攻撃し、切らずにがんを治す最先端治療。
切らずに治すということで体にやさしく、社会復帰も早いのが特徴。

生保(せいほ)

生命保険の略称。
タグ:生保

条件体(じょうけんたい)

通常の条件では加入を拒否される被保険体のこと。
標準体の危険度を超えていますが、その危険の程度に応じた保険金削減・特定部位不担保・特別保険料徴収等の特別条件をつけることによって保険の対象となります。
タグ:条件体

責任開始時期(せきにんかいしじき)

保険契約で保険会社と保険契約者との間で具体的に保険期間が開始される時期のこと。

総合保険口座(そうごうほけんこうざ)

保険者が加入している生命保険契約を一つにまとめるサービスのこと。

生保標準生命表(せいほひょうじゅんせいめいひょう)

日本の民間生命保険会社の契約の死亡統計に基づいて作成される生命表。経験生命表の一種。

手術給付金(しゅじゅつきゅうふきん)

所定の手術をしたときに受け取れる保険金のこと。
タグ:手術給付金

全国健康保険協会(ぜんこくけんこうほけんきょうかい)

健康保険法に基づいて2008年10月1日に設立された公法人。
健康保険組合に加入していない被用者の健康保険事業を自主自立の運営にするために社会保険庁が実施していた健康保険部門を非公務員型の法人に運営させて事業の合理化・効率化を目指しています。

責任開始期(せきにんかいしき)

生命保険会社が契約上の保障を開始する時期のこと。
タグ:責任開始期

選択表(せんたくひょう)

経過年数別に各年齢の死亡率を調査して作成された死亡表。
タグ:選択表

総合表(そうごうひょう)

保険契約加入後の経過年数を考慮しないで、全期間を対象に年齢別にまとめた死亡表のこと。
タグ:総合表

先進医療(せんしんいりょう)

日本の医療制度における用語で、大学病院などで実施される先端医療のうち厚生労働大臣の承認を受けたもの。
タグ:先進医療

自殺免責(じさつめんせき)

保険金目当ての加入防止対策のため死亡保険で加入後一定期間内の被保険者の自殺に対して保険金を支払わないこと。
タグ:自殺免責

新契約率(しんけいやくりつ)

新規の契約が年度中にどれだけあったかを見る指標で、年度はじめの保有契約高に占める新規契約額の割合。
タグ:新契約率

消滅時配当(しょうめつじはいとう)

生命保険会社が積立てた配当準備金中から毎事業年度末に計算した配当金で、その次の事業年度中に保険金等の支払事由の発生によって保険契約が消滅した場合に支払われるもの。
タグ:消滅時配当

傷害特約(しょうがいとくやく)

災害で死亡した場合や所定の身体障害状態になった場合に保険金が支払われる特約。
タグ:傷害特約
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。