晴れアフラックの簡単見積もり
資料請求はこちらから

連生終身保険(れんしょうしゅうしんほけん)

保険金支払いの被保険者が複数にわたる場合の終身保険。

利差配当保険(りさはいとうほけん)

保険会社の運用成績が予定利率を上回った時に、その差額に相当する部分を積み立てた上で配当を支払う保険。

ライプニッツ方式(らいぶにっつほうしき)

事故などにより死亡・後遺障害が残った被害者に対する逸失利益計算方法。

予定事業比率(よていじぎょうひりつ)

生命保険における保険料算定の一つの基準となるもので、保険会社の保険事業を運営するために必要となる経費のこと。
この比率が低いものほど保険契約者にとっては有利な商品となる。

ユニバーサル保険(ゆにばーさるほけん)

米国で1970年代に商品化されたお金を増やす目的の「貯蓄保険」「変額保険」と、死亡保障などの保障が目的の「定期保険」「医療保険」を組み合わせた形の保険。

無診査保険(むしんさほけん)

保険加入前に医師の診査を受けずに契約者の告知や募集人の目で判断する保険のこと。

満期保険金(まんきほけんきん)

養老保険や学資保険のように貯蓄性のある保険で満期を迎えることで受け取れる保険金のこと。
タグ:満期保険金

免責期間(めんせききかん)

保険会社が保険金や給付金の支払いを免除される期間。
タグ:免責期間

比例転換(ひれいてんかん)

生命保険契約転換の一つ。
転換価格を一定比率で分割して終身保険と定期保険特約のそれぞれに充当する方式。
タグ:比例転換

標準料率(ひょうじゅんりょうりつ)

標準となる危険要因に対して一定の料率を定めて実際の契約にあたって保険の目的、危険の実態等により修正して適用するもの。
タグ:標準料率

条件体(じょうけんたい)

通常の条件では加入を拒否される被保険体のこと。
標準体の危険度を超えていますが、その危険の程度に応じた保険金削減・特定部位不担保・特別保険料徴収等の特別条件をつけることによって保険の対象となります。
タグ:条件体

標準下体(ひょうじゅんかたい)

通常の条件では加入を拒否される被保険体のこと。
標準体の危険度を超えていますが、その危険の程度に応じた保険金削減・特定部位不担保・特別保険料徴収等の特別条件をつけることによって保険の対象となります。
タグ:標準下体

日帰り入院(ひがえりにゅういん)

朝に入院して、その日の夕方には退院するといった入院のこと。
医療技術の進歩によって1日の入院で可能となった手術が増えたために生まれた用語。
タグ:日帰り入院

保険金請求権(ほけんきんせいきゅうけん)

保険会社に対して保険金を支払うように保険受取人が保険会社に対して請求することができる権利のこと。

保険金受取人(ほけんきんうけとりにん)

保険金を受取る人のこと。
通常は法定相続人の誰かを指定しますが、保険金受取人は契約後に途中で変更することが出来ます。

保険年度(ほけんねんど)

保険契約により定められた保険期間の開始日から起算した1年間のこと。1年目を第1保険年度、2年目からは第2保険年度となっていく。
タグ:保険年度

保険価額(ほけんかがく)

保険事故発生時の損害最高見積額のことで、保険会社が支払う保険金の最高限度額。
タグ:保険価額

保証期間付有期年金(ほしょうきかんつきゆうきねんきん)

一定の保証期間中は被保険者の生死に関係なく年金が支払われ、その後は生存している限り一定期間中年金が支払われる個人年金。

付加保険料(ふかほけんりょう)

予定事業費率によって算出し、保険事業を運営するために必要とされるコスト。

ホフマン方式(ほふまんほうしき)

事故により死亡または後遺障害が残った被害者が将来得られるであろう収入を現在価値におきなおして一定の表によって示したもの。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。